マンションを売る時の不動産会社選び | 大手?地域密着型?

 

マンションを高く売るには?売却・査定の前に必読!

 

マンションを売るという決断をしたとき、仲介にはどんな不動産会社を選べばよいでしょうか。誰でも、できるだけ高く売りたいと考えるのが普通でしょう。大きな売買になりますから、できれば信頼のできる不動産会社に仲介してもらいたいものです。
不動産会社には、大手と地域密着型の中小企業とがありますが、どちらを選べばよいかは悩むところです。

 

ひと昔前は、不動産情報は圧倒的に大手企業が握っていました。しかしながら、近年、日本全国の不動産情報を閲覧できるネットワークシステムが登場したことで、大手と中小企業の持っている情報量の違いに大差はなくなってきました。このネットワークシステムに登録されている不動産情報は、不動産会社すべてが閲覧でき、自分の顧客に紹介できるのです。

 

ですから、現在の大手不動産会社の強みは、まずは資金力の大きさ、そして、ブランド力による信頼です。そして、もうひとつ、大手は膨大な顧客リストを持っているということがいえます。過去に、物件探しを相談してきた顧客は、そのときに契約が成立したか否かを問わず、顧客リストに登録されます。その顧客リストの量が圧倒的に多いので、豊富な顧客情報の中から、今回マンションを売りたいという側に、見合った顧客を紹介することができるのです。

 

それでは、地域密着型の不動産会社のメリットは何でしょうか。それは、言うまでもなく、その地域でずっと経営してきたことにより、地域の情報に精通しているという点でしょう。大手では、担当者がすぐ転勤で代わってしまうことがありますが、地元の不動産会社は、その地元で生まれ育ってきた人が勤務していることも多くあります。そのため、顧客情報は大手に比べて少ないにしても、顧客の知り合いのつてを持っていたりすることもあり、それは大手にはない強みです。今までもこれからも、地元民から信頼を得るために責任をもってやっているという安心感があるのではないでしょうか。

 

このように、大手にも地域密着型にも、それぞれの強みがあります。自分の大切にしてきたマンションを売る、非常に大きな決断ですから、それぞれの特徴を比較し、充分吟味して選ぶようにすることが大切です。

 

→マンション売却価格の相場を知るには?

マンションを高く売るために!内覧の時のポイントとは?

 

マンションを高く売るには?売却・査定の前に必読!

 

マンションを所有していても何らかの形で売りに出さなければならない場合があります。例えば、一戸建て住宅に住み替える場合や他のマンションに引っ越しをする場合などが挙げられます。その一方で、金銭的な問題でマンションを売却しなければならないこともあります。あまり表沙汰にはなりませんが、住宅ローンの支払いができずにマンションを売らなければならないことがあります。理由は様々ですが、いずれの理由にしてもできるだけ早くそしてできるだけ高く売りたいと思うのが普通ではないでしょうか。

 

では、売却する場合にはどのようにしたらより高く売ることができるでしょうか。自分でできる事は、マンション売却専用の不動産会社を選ぶことが大事になります。不動産会社選びは自分の意思でできますが、それ以降は不動産会社が行うものですので自分の力が及びません。他には、部屋の中をきれいにして内覧に備えるのです。

 

過去に住宅を売却したり中古住宅を購入した人の中でも、まだ住んだ状態で売却を決めた場合には物が置いてある状態で内覧会が行われたはずです。内覧会を行う場合には第一印象が大事になります。もし、内覧会で部屋が散らかっているような状態であれば少なくとも早期に売却が決まりことはあまり考えられません。あるとしても、その物件が非常に重要のある物件で、多くの人が手に入れたいと考えている場合だけです。その場合には内覧自体はそれほど重要ではありません。ですが、物件が非常に価値があるような例外を除いて普通は部屋がきれいになっていることが重要になります。この点、ものをできるだけ整理して捨てることが必要ではないかと言う意見もありますが、何もそこまでする必要はなく最低限の片づけをしておく事が大事になります。

 

また、自分のマンションが商品になるわけですから魅力的に見せる必要があります。もし、どうしたらいいかわからない場合は参考までにモデルハウスなどを見本にしてみてもいいかもしれません。

マンション査定価格はどう算出される?

 

マンションを高く売るには?売却・査定の前に必読!

 

マンションは経営することによって不労所得を得ることができるということで人気を集めていますが、何らかの理由で手放さなくてはいけないという場合もあります。そのような場合は当然売却することになるのですが、そこで気になってくるのが当然マンション査定の金額です。これによってその後どのように資金を運用していくのかというところにも関連してくるので当然高く査定してほしいと思うのが当然ですが、実際マンション査定価格というのはどのように算出されるのでしょうか。

 

基本的にマンション査定として利用されている計算方法は3つであり、「原価法」「収益還元法」「取引事例比較法」となっています。原価法は簡単に言ってしまえば現時点で同じ建物を建て直す場合にどの程度の費用がかかるのかという原価の部分から算出するものであり、収益還元法は物件を賃貸として貸し出した場合を想定して投資用物件としての価値を算出するもの、そして取引事例比較法は過去に取引があった似たような物件の事例を持ち出して計算するというものになります。

 

これら以外にも訪問査定など依頼した業者や不動産会社によってどのような査定計算をするのかというところは異なっており、特に地価などのほかの要素によってその時そのときで算出される結果は異なります。なので基本的には査定金額は目安として考えるようにして、複数の業者に査定をしてもらってからどのようなタイミングでどこの業者に売るのかというところを検討することが重要となっています。また、相場を把握しておくということも大切になっており、妙に高く査定しているところや安すぎるところなどは何らかの意図を持っていることが多いので、高く査定してくれたからといってそこの業者にそのまま依頼するというのは危険である場合もあります。なので売る場合にはその点にも気をつけておくということが必要であり、知識をもって対応することが一番の対処方法となっているのです。

マンション買い替え時の売却・購入のタイミング

 

マンションを高く売るには?売却・査定の前に必読!

 

現在住まわれているマンションを売って新しくマンションを買おうという場合は、売り買いのタイミングをどうすれば良いのか迷ってしまうものです。つまり、マンションを得るタイミングが早すぎて、まだ新しいマンションを買っていなかったとするならば、自分の住む所がなくなってしまいます。だからといって、新しいマンションを買うのが早すぎてしまうと、前のマンションを売るまでの間、マンションの管理費等の料金を二重支払いすることとなってしまいます。

 

ですから、まず新しいマンションを買って引っ越しをする日程を決めたならば、前の住居の水道・ガス・電気をその日以降止めてくれるよう、水道局・ガス会社・電力会社に予め連絡をしておくとよいでしょう。また、最寄りの郵便局にも連絡して、前の住居に届いた郵便物を新しい住所に転送してくれるようにしておくと良いです。(最近は、インターネットで指定ができるようになっているようです。) 後は、前の住居を早く売る事ができれば、毎月の管理費を余計に払う必要も無くなるし、毎年の固定資産税を余計に払う必要も無くなります。

 

早く売れるかどうかは、売却価格に条件をつけるかどうかによる訳ですが、特に条件をつけないのであれば、余程条件が悪くない限り不動産の業者さんが直ぐに買ってくれると言えるでしょう。では、どの不動産業者さんに頼めばよいのかということですが、新しい住居を買った時の業者さんに紹介してもらうのが一番便利かもしれません。そうすれば、物件を売却する為にわざわざ前の住居まで出かける必要性もなくなります。また、前の住居を売るということは、そこに何らかの問題があったからかもしれませんが、売却価格を高くするためには機能的な問題もなく綺麗に片付いていたほうが良いと言えます。それから、不動産の売買には印鑑を押す書類が非常に多く、完了するとこれで終わったという気分になりますが、翌年には不動産売却益の納税通知が届きます。