マンションを売る時に媒介契約を結ぶべきでない不動産業者

 

マンションを売る時に媒介契約を結ぶべきでない不動産業者

 

マンションを売るときには媒介契約を結びますが、契約を結べば法的な効力が発生しますから、一定期間は解除できません。解除するときには違約金を支払わなければならないケースもありますから、媒介契約を結ぶべき不動産業者はきちんと選ばなければなりません。

 

情報量が多い不動産業者の方が良いと考えるのは自然なことで、そのために大手の方が良いと考える人もいるようです。情報のネットワークについては、大手の方が優れているケースもあります。かつては大手と中書の不動産業者の間では情報格差があったと言わざるをないのですが、現在ではレインズが稼働していることによって情報の格差はかなり小さくなったと言えるでしょう。ですから、不動産業者の規模が小さいから避けた方が良いと言うことはありません。

 

では、どんな点に注意しなければならないのかというと、担当者との相性が最も大事です。接客態度は最も重要なものだと言えるでしょう。気軽にいろいろなことを質問できる担当者かどうかは大事なことです。多くの人にとってマンションを売るのは人生で初めての経験でしょうから、分からないことがたくさんあるのが普通です。いろいろなことを質問しても答えてくれないような担当者しかいない不動産業者とは取引をするべきではありません。連絡や対応が遅い不動産業者とも契約を結ぶべきではないでしょう。

 

次に、不動産業者の得意分野を把握することが必要です。不動産業と言ってもいろいろな業務がありますから、得意分野は業者によって異なります。例えば賃貸の仲介を得意としている不動産業者もあるでしょう。賃貸の仲介を得意としている業者に依頼しても、マンションを売ってくれるでしょう。しかし、得意ではありませんから安い価格で売らなければならなくなることもありますから、このような業者と契約を結ぶべきではありません。できることならマンションの売却に強みを持っていて、多く手がけている不動産業者を選ぶようにしましょう。