物件・部屋を見ないで査定してもらうことは可能?

 

物件・部屋を見ないで査定してもらうことは可能?

 

物件を売却したい場合、実際問題として査定という問題があります。一般的には、内覧と言います。これは、不動産業者が売却予定物件に直接出向いて物件を見た上で売却金額を提示するという作業の一環です。この作業を省くということは不可能の様に思えます。

 

しかし、仕事が非常に忙しい場合。また、色々な事情があり内覧による査定はできれば避けて自宅を売りたいという方も多いものです。実際に、そんなことは可能なのかという問いに答えていきます。一般的に、内覧無しで売るための査定をして貰うことを「机上査定」と言います。一般的な物は訪問査定といいます。この違いは、内覧無しで物件の価格を弾き出すという行為です。

 

なぜ、その物件を見ないで売るという行為ができるのかと謎に思う方も多いものです。車の査定などでも、年式やオプションなどで査定が出来るという状態と同じだと思って良いでしょう。今住んでいる物件の築年数、そして間取り、道路の幅員、売却したい日付等々で価格が決まります。最終的には、物件のある地価などから、大まかな不動産物件の価格が算出できるというわけです。

 

実際問題として、実際に訪問して見て貰う場合と違うのは物件のマイナス点などが見られない部分です。当然ながら、マイナス部分が無いと言う前提で査定をすることは無いと思った方が良いものです。当然のことですが、自分が不動産業者になった場合を想像すれば分かることです。実際に物件を見ていませんから、大きな欠点がある可能性もあるものです。

 

その欠点を差し引いても、利益が出るという金額しか算出できないという難点もあります。それでも、内覧無しで売却したいという場合は依頼することも可能です。価格の算出に必要な条件が不動産業者のwebに書かれていますので、そのガイドラインに沿って記入して送信するだけです。

 

思ったよりも高い価格で売れましたという期待をすることは出来ないものになりますが、売りたいという目的は確実に果たせますから安心して大丈夫です。