住宅ローンの支払い困難でマンションを売る時の注意事項は?

 

住宅ローンの支払い困難でマンションを売る時の注意事項は?

 

住宅ローンの支払いが困難になったときに、マンションを売ることはできるのですが、実は抵当権が設定されていると簡単ではないという点に注意が必要です。通常、住宅ローンが残っている状態であれば、抵当権が設定されていますから、そのままでは売却ができず、売るためには完済しなければならないというのが普通なのです。

 

なぜかというと、銀行は住宅ローンを提供するときに、返済可能性を高めるために、簡単に売れないようにしています。もしも返済ができなくなったときには、住宅を売却して、その代金で返済をするという前提でローンを提供しています。そのために、事業用のローンなどと比較すると、金利が低く設定されていたり、あるいは固定金利で借りることができたりというメリットがあるのです。ですから、抵当権を設定することは、ローンを有利に利用するために、銀行が行ってくれているサービスの一つなのです。

 

しかし、売るときにはこれがネックとなります。抵当権が設定されているマンションは、それを解除してもらわないと売却ができません。解除するかどうかの判断は銀行が行います。銀行としては、融資している資金を返済してもらうことができれば解除してくれるでしょう。

 

では、その条件はというと、売却した代金で返済する見込みがあることです。売却した代金をほかのものに使うのではなくて、優先的に返済をする約束ができるのなら、抵当権を解除してくれます。売却した代金で住宅ローンを完済できるのなら、それで良いのですが、もしもできない場合にはどうすれば良いのかというと、残債についてローンを組むことになります。

 

そうなると、残債に対してローンを組むことのできるだけの信用力がなければ、銀行としてはローンを提供してくれませんから、売却ができません。そのため、マンションを売ろうと思っているのなら、銀行側と折衝することも必要となりますし、そのときには査定価格がどれくらいあるのかも問題となります。