不動産オークションでマンションは高く売れる?

 

不動産オークションでマンションは高く売れる?

 

マンションを売るときには、少しでも値段を上げたいと考えるのは誰にでも共通することでしょう。その方法の一つとしてオークションを利用するのは良い方法の一つです。普通に不動産会社を通じて売却するのとは違いがありますから、その違いについて把握しておく必要はあります。

 

普通に仲介業者を通じて売買をする場合、売り手が売り出し価格を決定します。そして、その価格を見た買い手が売買の交渉を申し出るのが一般的です。ですから、売り出し価格で決まるわけではなく、そこから値引き交渉などが行われるのが普通で、この交渉如何によって安くなることもあります。もちろんですが、売り出し価格から値下げしないという方針をとることもできますが、その場合に売れなくなってしまう可能性もありますから注意しなければなりません。このあたりの交渉のテクニックというものが必要になりますから、売買に長けた不動産会社を選ぶことが必要となるのです。

 

一方、オークションというのはこのような細かいことが必要なく、市場の原理によって価格が形成されます。ですから、多くの買い手が競争を行って、その中で最も高い価格で買ってくれる買い手と売買を成立させると言ったことが可能なのです。取引のシステムがシンプルですから、その面でオークションは優れていると言えるでしょう。

 

ネット上で情報を閲覧することが可能ですから、多くの人がその情報を閲覧することになります。不動産会社を通じて売るよりも買い手の幅が広がることによって、高く売れる可能性はありますし、余計な費用がかかりにくいというメリットもありますから、良い面は多くあると言えるでしょう。

 

ただ、不動産のオークションは、現在はまだメジャーなものではないという点に注意しなければなりません。仲介業者を利用するという方法とは別の方法として利用するのは良いですが、不動産のオークションだけに頼ると、売買が成立するまでに時間がかかることもあります