親から相続したマンションを売る場合のポイントは?

 

親から相続したマンションを売る場合のポイントは?

 

親から相続したマンションを売りたいというニーズは増えています。もともとは自分が住んでいた実家であっても、自分たちで住もうとは思わない場合には、売るほうが良いケースもあります。例えば、実家が近くにない場合には、仕事の関係で引っ越しをするわけにも行かないと言うこともあり得るでしょう。確かに、自分が住まない不動産を持っていれば、管理の手間がかかりますし、税金などもかかりますから、売る方が得策だと考えるのは自然なことです。

 

ただ、ほかの方法もあることは是非知っておく必要があります。例えば、新築同様のマンションで会った場合、売るよりも賃貸として貸し出す方が有利なケースもあります。都心の一等地にあるものであれば、安定収入を得る目的で賃貸にした方が良い場合もあるのです。まず、この可能性を検討してみましょう。というのも、都心部にはこのような物件が多くあり、現在でも多くの人が賃貸として利用しています。いわゆる「分譲賃貸」と呼ばれるものです。

 

この場合に注意しなければならないのが、物件を保有している限りは何らかのコストがかかることです。例えば、不動産を持っている限りは固定資産税や都市計画税などを支払い続けなければなりません。このコストがどれくらいかかるのかはすでに分かっているはずです。また、管理費や修繕費なども経常的にかかってくるという点にも注意しなければなりません。これらのランニングコストと、期待できる賃料収入を比較してみて、売るのではなく賃貸にした方が良いのかどうかを慎重に検討するべきでしょう。

 

まずはその可能性を探ってみて、それでも売る方が得だという判断になった場合や、あるいは管理などの手間を考えると売ってしまった方が良いと考えた場合には、査定を受けて、どれくらいの価格で売ることができるのかを調べてみれば良いです。そして、売るのなら、できるだけ高い価格で売ることができるように、仲介業者と交渉をしていくことが必要です。