離婚が原因でマンションを売る時に注意したいことは?

 

離婚が原因でマンションを売る時に注意したいことは?

 

近年離婚は、若い世代はもちろん、熟年離婚も含めて増加傾向にあります。そこで問題になるのが、住まいに関することです。賃貸住宅に住んでいるのであれば、解約し、お互いに別々の住まいを借りて住むことが出来ます。しかし、夫婦で未来を夢見ながら購入したマンションは、離婚時には、今後どのようにするのかと言う悩みの種へと変わることになります。

 

様々な選択肢としては、夫がそのまま住み続け、ローンの支払いを続けたり、賃貸として貸し出したり、また、慰謝料の代わりに妻が住み続けると言った事が挙げられます。しかし、離婚後にローンの支払いが出来なくなると、強制退去や一括請求を求められたりすることもあるため、注意が必要です。最も良い方法として挙げられるのは、マンションを売ると言うことかもしれません。マンションを売ることにより、残っている住宅ローンの支払いを完済することが出来れば、後味もすっきりとし、後腐れがありません。

 

また、ローンが残っていない物件だとしても、売ってしまった方が財産分与もしやすく、分かりやすいと言えます。そこで、マンションを売る時に注意したいことは、必ず買い取ってくれる業者を選ぶことが挙げられます。離婚の際の売却は、任意売却と言う形になります。そこで、任意売却の経験が豊富であったり、実績がある業者、買取保証をしてくれる業者を選ぶことが大切になります。何よりも、こちら側の立場に立って、親身に相談に乗ってくれることが重要です。

 

そのため、担当者との面談は必ず行うようにします。そして、最初から1社に決めるのではなく、複数の不動産会社に査定をしてもらった上で、絞り込むことをおすすめします。複数の業者の査定額を比較して、最も高値を付けた業者へ依頼するようにします。

 

例え希望通りの売値が付かなかったとしても、そこで諦めることなく、いくつかの不動産会社に相談することで、必ず希望に沿った売値が付くと言えます。