マンションを売るか?貸すか?に迷った時の判断基準は?

 

マンションを売るか?貸すか?に迷った時の判断基準は?

 

誰も住んでいないマンションを親から相続した場合や、あるいはマンションを購入したものの転勤になって住むことができなくなった場合などには、その物件を売却するか、賃貸として貸すのか迷うところです。賃貸にして貸したものの、あまり儲からなかったという話を聞くこともあります。それなら売る方が説くかも知れないとそう考える人もいるでしょう。不動産は持っているだけで固定資産税を支払わなければなりませんし、マンションの場合には管理費も支払っていかなければなりません。また、経年劣化もありますから、ただ持っているだけでは負の資産としか言いようがないのです。ですから、売るか賃貸にするかのどちらかが選択肢となってくるわけですが、このときにはどうやって決めれば良いのでしょうか。

 

では、売った方が良いケースを考えてみましょう。住宅ローンを組んで購入したマンションの場合、自分たちが住むのではなくて、そのローンを返済していかなければなりません。転勤などで別の場所に住まなければならないのなら、その場所で住むためのコストもかかってきます。例えば賃貸マンションで生活をするといったケースであれば家賃を支払わなければなりませんし、それに加えて住宅ローンを返済していかなければならないのですから、生活費への負担は大きいと言わざるを得ないでしょう。それで生活が苦しくなるのなら売った方が良いです。

 

ほかにも、利益があまり期待できない場合には売った方が良いでしょう。マンションを賃貸として貸し出すことによって賃料を受け取ることができます。それが収入になるわけですが、コストもかかります。税金や管理費、管理会社に支払う費用、将来の修繕に向けた積立金などを考えると、利益があまり出ないこともあります。最低でも住宅ローンを返済できるくらいの収益を得られないのであれば、売った方が良いと考えるのは自然なことです。それを判断するためには収支をシミュレーションしてみると良いです。